金融商品は見た目に編されるな

平成17年7月にFX取扱業者が登録制になって以来、FX取引は日本の一般投資者の中で大きな広がりを見せてきましたが、投資者がより安心して取引できる環境を築くため、金融庁より規制の見直しが進められ、以下のような規制の変更が行われました。@FX業者が投資家から預託された証拠金は、全て金銭信託することが義務付けられました。 Aロスカット・ルールを整備し、遵守することが義務付けられました。BFX取引の際、顧客から一定の証拠金を預かることが義務付けられました。このようにFXはますます健全な金融商品に進化しています。

FXのリスク

FX(外国為替証拠金取引ならびに外為保証金取引)は、金融商品取引法に基づく登録を受けた業者でなければ行うことができません。投資者の皆様におかれては、金融先物取引業者の登録を受けていない者からの勧誘に十分ご注意ください。

 

また当サイトの掲載内容に関しましてはその内容の正確性を保証するものではありません。様々な投資法など、すべて自己責任におこなってください。当サイトはすべての責任は負いません。何かご質問がありましたらshogdsdg@gmail.comまでお願いします。