インヴァスト証券のミラートレーダーがシストレ24の中で評判が高い

平成17年7月にFX取扱業者が登録制になって以来、FX取引は日本の一般投資者の中で大きな広がりを見せてきましたが、投資者がより安心して取引できる環境を築くため、金融庁より規制の見直しが進められ、以下のような規制の変更が行われました。@FX業者が投資家から預託された証拠金は、全て金銭信託することが義務付けられました。 Aロスカット・ルールを整備し、遵守することが義務付けられました。BFX取引の際、顧客から一定の証拠金を預かることが義務付けられました。このようにFXはますます健全な金融商品に進化しています。

インヴァスト証券のミラートレーダー「シストレ24」のストラテジー選び

勝つストラテジー、負けるストラテジーの見分け方という内容で、今回ご説明します。ミラートレーダーはFXの自動売買取引、自動売買システムなんですけれども、ミラートレーダーの中には300種類以上ものストラテジーが入っています。中でもインヴァスト証券のシストレ24は、独自のオリジナルストラテジーも追加されており、評判、評価が高いと人気です。

 

ストラテジーというのは売買シグナルのことなんですが、300以上もありますので、当然、世界中のシグナルプロバイダーがミラートレーダーに応募してきて、ミラートレーダーでは厳しいテストをして選りすぐられたものだけが、このミラートレーダー上に出てくるんですね。仮に野球で言えば一軍選手ってことになるんです。

 

一軍の中でもプロ野球やメジャーリーグをご覧になっていればおわかりになります通り、調子のいい選手、ホームランをかっとばす選手、高い打率を上げる選手と、途中で調子を崩して故障したりして二軍落ちする選手がいるのと同じように、非常にいい成績を長期に渡って上げるストラテジーと、シーズン中に成績を崩して二軍に落ちちゃうストラテジーがありますので、そこをどう見分けていくかというのが非常に重要なことになります。

 

また、このミラートレーダーで取引をしていくにあたっては、一つ一つのストラテジーを選ぶ見方も大事なのですが、選んだストラテジーでチームを組んで、チームとして試合を戦っていくといいますか、資金を運用していくというのが重要になります。

 

これを金融の専門用語でポートフォリオといいますけれども、このポートフォリオをしっかり組んで運用していくというのが重要になってきます。具体的に言うと、ストラテジーを一つだけではなくて複数本選択して運用していくということが必要になってきます。

 

インヴァスト証券のシストレ24を例にとりながら、そのポートフォリオの組み方にもコツがありますので、そのあたりをご説明していければと思っています。